オンラインカジノのプレイ状況をネットで公開するのは危険

オンラインカジノは、プレイしていることを公表して、もっと多くのユーザーに知ってもらいたいと考えている方がいるかもしれません。しかしこれは違法なサービスを行っていることを知られてしまい、逮捕されてしまう可能性を高めてしまうのです。プレイしていることを公表したことで、逮捕されてしまった事例は最近になって出ています。

危険

こうしたゲームをしたと公表する

最近はブログで情報を提供することが可能となっている他、ツイッターなども使っていろいろな画像をアップロードすることによって、何をしているのかを知ってもらうことができます。あらゆる情報を提供して、自分が優越感を持ちたいと思っている人が多くいて、それによってオンラインカジノを行っていることを見せてしまうことがあります。
カジノ自体は違法なサービスとなっていますから、これを公開することは違法とされてしまい、逮捕されてしまいます。最近逮捕されている事例でも、ブログで公開したことが大きな問題となっていて、ここから調査の手が伸びてしまったことで捕まったという問題があります。

警察はブログの情報を見ている

逮捕の決め手となっているのは、賭博をしていることの証拠になります。これがない場合は逮捕することができませんので、結果的に捕まえることができないままとなります。警察はその証拠を掴むために、もしオンラインカジノをしている、このオンラインカジノは危険と判断している場合には、ブログなどを利用していないか検索を行っています。
この情報を見つけたことによって、このユーザーがオンラインカジノを利用していると判断できます。ここで賭博罪を適応して、違法な方法によって賭博をしていて、その上で利益を得ていることがわかったと判断できます。ここで逮捕されることになり、オンラインカジノは違法な扱いを受けることとなります。

勝手に情報を出さないようにしよう

とにかく問題となっているのが、勝手に情報を出さないようにすること、そしてあまりにも逮捕される決め手になるようなプレイ画像などは使わないことです。プレイしているだけなら証拠不十分となりますが、画像があるならそれはプレイしていることを示唆させてしまいます。
違法になってしまう1つの要因は、プレイしていることを公表したり、プレイ動画などをアップロードすることによるものです。こうした方法を少しでも避けることができれば、実は逮捕される可能性は小さくなっているのです。